読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケンサクの検索履歴

日々の検索結果を掲載してみる。誰かの役に立てば幸い。

コバエ 麺つゆトラップ 効果的な作り方は?

最近、キッチン周りにコバエがたかるようになった。

夏の風物詩ではあるが、勿論、こんなもので夏を感じても嬉しくはない。

ムカデや蚊に比べれば害は少ないとは言え、やはりプンプンプンプン飛ばれると不愉快でイライラする。

あまりにイライラするので、叩き潰そうとしたところ、逃げられた挙句に振り下ろした手はシンクの角へとぶち当たった。

私の怒りは瞬時に頂点へと達した。

殲滅してやる…1匹残らずだ。私は大虐殺の予感に打ち震えながら、痛む手でGoogleを開いた。

目 次

麺つゆトラップの基本形


麺つゆトラップは、基本的に【容器】【麺つゆ】【食器用洗剤】で作られる。

  1. 適当な容器に麺つゆを入れ適当に希釈
  2. 食器用洗剤を数滴たらして混ぜる。
  3. 完 成

なんとも簡単な作りだ。だが、最大限の効果を得るには、少しばかり注意すべき点がある。

容器

何でも良いが、ペットボトルを切ってコップ状にした物がよく使われる。

体感的な物だが、果汁入り飲料のペットボトルが最も誘引効果がある気がする。洗っても、甘い匂いが少しするからだろうか。

検索すると、入り込んだら出にくくなるように入り口が狭くなっているタイプも作られているが、口は広い方が望ましい。

コバエは蠅や蜂ほど大きくないため、返しの有無は捕殺性能に大きく関係しないばかりか、誘引効果が減少する。

間違っても、普段使っているコップは使わないこと。

腐敗した麺つゆで汚れる…だけならともかく、誤って飲んでしまっては目も当てられない。

麺つゆ

これまた何でも良いが、匂いの強い物ほど誘引効果は大きくなる。

ストレート液よりも濃縮液を濃いめに希釈する方が効果は高まるだろう。

ちなみに、設置から時間が経つにつれ液体が腐敗するが、これに伴って誘引効果も上昇する。

初日にまったく掛からなかったからといって、すぐに撤去せず、しばらく様子を見るようにしよう。

食器用洗剤

やはり何でも良いのだが、柑橘系等の匂いが強い物の方が効果があると言われている。

食器用洗剤はコバエの体表面の脂分を除去し、水を弾かなくなるように働きかける鬼畜性能を持つ要の要素である。

是非ともコバエのお気に召すような洗剤を入れて欲しい。

麺つゆトラップ応用編

以上の基本的な要素を抑えるだけでも麺つゆトラップの効果はあるが、他にもちょっとした気遣いで効果は変化する。

コバエの種類によっても効果は左右されるので、何度か試してみるのがいいだろう。

容器の色


引用:めんつゆトラップ
コバエの種類にもよるが、走光性をもつコバエの場合は明るい色に引き付けられやすい。

原色の黄色や白色を選んだり、透明容器の底にアルミホイルを敷いたりするのも効果的だそうだ。

設置する場所


引用:三角コーナー : 新生活するにあたって買ってよかったもの、不要だったもの - NAVER まとめ
ゴミ箱、排水口、三角コーナーなど、水気と生ゴミの多い場所にコバエは多くたかってくる。

これらの傍に設置する事で、コバエの捕殺率アップが狙えるだろう。

また、観葉植物の受け皿や風呂の排水口なども、コバエが湧きやすいが盲点にもなりやすい。

麺つゆの代わりに


引用:紅濱の飲むフルーツ酢専門サイト
コバエの種類によっては、麺つゆに惹かれない場合もある。

そんな場合は、匂いの強い液体を色々と試したり、ミックスするのがいいだろう。

  • ビール、日本酒、ワイン
  • はちみつ、シロップ
  • 果実酢

設置する上での注意点

まず、トラップ以外の誘引要素を極力無くすことが重要である。

いかなトラップでも、他に誘引してしまう物があっては効果半減だからだ。

三角コーナーや排水口のゴミはこまめに取り除き、風呂場の排水口なども掃除して匂いの発生を抑える必要がある。

コバエは、家の中でも繁殖する場合があるが、大半は外から屋内へ誘引されたものである。

繁殖する寝床を無くす意味でも、こまめな掃除を心がけなければならない。

麺つゆトラップ以外の駆除方法

ペットがいるなどの理由から麺つゆトラップが設置できない場合は、コバエが寄ってこないようになるスプレーや、電撃殺虫機などがある。

引用:電撃殺虫器 部屋中に飛び回るショウジョウバエなどコバエをノックアウト
だが、どれもコバエの発生源や誘引物を除去する事が前提となっていることは忘れてはならない。


そうそう。
もしも、そんな手間なくコバエを撃滅する方策をご存知の方は、是非とも教えて下さい。

Thank you for reading!!

読んで頂きありがとうございました。
皆様の購読が記事作成の一番の励みです。
ぜひ読者登録・フォローをお願いします。
ツッコミコメントもどうぞ!